エレクトーン 配送

エレクトーンの配送を安くする1番簡単な方法

エレクトーン 配送

エレクトーン 送料

エレクトーン 配達

エレクトーン 送る

 

エレクトーンは大型冷蔵庫なみの重量がありますので、簡単に動かすことができません。

 

誰かに譲ろうと思っていたり、2階に移動させたいなどの理由で移動したくても、なかなか出来ませんね。

 

実はエレクトーンの配送は、専門業者、宅配業者、引越し業者、便利屋などに依頼できます。
専門業者に依頼すれば安心ですが、競争がないため費用が高めになります。

 

これらの中で1番数が多いのは引越し業者です。
競争があれば、費用が安くなるチャンスが生まれますが、小さな引越し業者ではエレクトーンの配送を扱っていないこともあります。

 

そこで扱いのある引越し業者を探すために、一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

複数の業者が競争することで、配送費用が安くなります。
引越し業者にはエレクトーンだけ運ぶ、ピアノだけ運ぶ、冷蔵庫だけ運ぶという大きな家財だを運ぶサービスがあります。

 

お気軽にご依頼ください。
1番安い業者を探すのも一括見積もりなら簡単なので、ぜひご活用くださいね。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越し業界には繁忙期がある

 

引越しの繁忙期

 

引越し業界には1年で一番忙しい繁忙期という時期があります。
繁忙期はそうでない通常期に比べて、引越し料金が高めに設定されています。
もし時期にこだわりがないのであれば、繁忙期にエレクトーンの配送をするのは避けましょう。

 

繁忙期というのはズバリ3月です。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月新しい環境にむけて引越しをします。
さらに春は人事異動があり、転勤となったサラリーマンやその家族、単身赴任のサラリーマンも3月に引越しをします。

 

これだけ多くの引越し理由が重なるわけですから、3月の引越しは高くなるのです。
引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、日に寄っては手が回らないことも・・・。

 

繁忙期は特に引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてことが本当にあり得るわけです。
3月に引越しするのであれば新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

繁忙期でも安い業者、高い業者の差はあります。
見積もりを早めに比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しのオプションとは?

 

エレクトーン 配送 オプション

 

交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものが引越し費用です。
ではこの「オプション費用」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設はコンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違うため素人では取り外しできません。
配管で室外機ともつながっているため複雑なのです。

 

しかしエアコンを自分で購入して設置した場合は、新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

引越し業者のオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、専門の業者が来てくれるので便利なのです。

 

ドライブが好きな人なら、車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれませんね。
しかし東京から九州までの遠距離を1人で運ばなければならない場合もあります。
車を遠距離運ぶには、時間に余裕があって運転と体力に自信がないとできませんから、「車の陸送」もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノやエレクトーンはどこのお宅にもあるものではありません。
これらは高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

レンタカー引越し

 

引越し レンタカー

 

レンタカーのトラックを借りて、エレクトーンを運べば費用が安上がりなのでは?と誰しも一度は頭をよぎるかと思いますが、実際はどうなのでしょう?
いろいろとシュミレーションしてみましょう。

 

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満なので、レンタルできるのは1tか1.5tか軽トラックのいずれかになります。
各トラックの荷台のサイズはおおよそ以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

エレクトーンのほかに運ぶものがないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。

 

費用はどのトラックも1日7000円程度から借りることができますが、この他に使った分のガソリン代も必要です。
ガソリン代は返却間際に給油して、そのレシートを提示すればOKです。

 

一番問題となるのは運ぶ距離です。

 

遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるので、自分で運ぶよりももしかしたら家財便のほうが安上がりかもしれません。
レンタカーを借りた営業所と違う営業所に返却することは可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。

 

トラックをレンタルしてタンスを運ぶ場合は、近距離の場合にしておきましょう。

 

 

引越しと周波数

 

引越し 電源周波数

 

家電には電源が50ヘルツの時と60ヘルツの時で、1そのまま使えるもの・2使えるが性能が変わるもの・3そのままでは使えないものに分けることが出来ます。

 

なぜこんなことを書くかと言うと、日本には電源周波数が50ヘルツの地域と60ヘルツの地域があるからです。

 

1.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

2.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

3.そのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

ちなみに静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境に、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。

 

なぜこんなややこしいことになったのでしょうか?

 

実は明治時代に東日本ではドイツ製の発電機、西日本ではアメリカ製の発電機を輸入したからなのだそうです。
しかも未だに統一されることもなく、その習慣が続いているなんて驚きですね。

 

引越しなどでこの境界線を超えると家電が動かない場合があります。しかし家電そのものが壊れたわけではありません。
電気メーカーもどちらの電源周波数でも使える家電の開発など努力をしています。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ゴミ

 

家の中に長く放置されたままの家具や家電はありませんか?
動かない、使えない、使わない場合は、処分することも考えましょう。

 

粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。

 

しかしいくつか例外があり、それらは家電リサイクル法に基づいて処分されなければなりません。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらの家電を処分したいときは、家電を購入した家電量販店もしくは新しく買い替えをする家電量販店で、有料リサイクルが必要です

 

リサイクルするためにはリサイクル料がかかります。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでに電気屋が廃業している場合など困った時は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

ではほかの粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

Aの方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収してもらえる日を予約します。
次にコンビニやスーパーで販売している「粗大ごみシール」を買います。シールの値段は家電によって違います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
ちなみに粗大ゴミシールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

計算した値が100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。